葬儀業者の選び方

葬儀業者は、身近な人が亡くなり、バタバタしている環境の中で速やかに決めなければいけません。とはいえ、その業者の「質」をきちんと見極めなければ、思わぬトラブルにつながってしまうケースもあるので注意しましょう。葬儀業者の選び方としては、信頼できるスタッフが担当してくれることや、葬儀に関する費用が明瞭であることをポイントにしてみてください。

葬儀に必要な費用の目安

葬儀を行う上で、もっとも不安を抱きがちなのが「費用」についてです。どの程度かかるのかは、どのような規模のお葬式を選ぶのかによっても大きく変わってきます。一般的なお葬式を選んだ際の費用の目安としては、「およそ200万円前後」だと言われています。この200万円の中には、葬儀業者に支払うお金のほか、寺院に支払うお金、飲食にまつわるお金が含まれています。

葬儀の種類5選

数珠

多くの人に見送られる一般葬儀

古い時代から、日本で行われてきたのが一般葬儀です。故人の家族が喪主を務め、お通夜や告別式には、家族や親類はもちろんのこと、近隣住民や生前親交があった方など、多くの方が集まります。どれだけの人が集まるのかによって、規模は大きく変わってきます。

会社の重要人物が亡くなった場合の社葬

会社にとって重要な人物が亡くなった際には、会社としての葬儀、つまり社葬を執り行います。こちらは「会社の行事」としての葬儀であり、故人の死を内外に広く知らしめるために行われます。故人の家族と一緒に葬儀を取り仕切る、合同葬という形もあります。

身近な人だけに見送られる家族葬

大規模な葬儀ではなく、本当に身近な人たちの中でアットホームに故人を送り出してあげたいと願う方を中心に、増えているのが家族葬です。葬儀という大切な儀式だからこそ、本当に大切な人たちと心温まる時間を過ごしたいと願う方には良いスタイルです。

お通夜を省略する形の一日葬

本来であれば、まずはお通夜を行い、次の日の午前中に葬儀を執り行うスタイルが一般的ですが、お通夜を省略、もしくは簡略化することで、一日で葬儀を終えるスタイルとなります。とはいえ実際に一日葬を執り行うためには、やはり数日前からの準備が必要となります。

もっともシンプルな直葬

葬儀の中で、もっともシンプルなスタイルが、お通夜・葬儀の両方を省略し、そのまま火葬する直葬です。非常にシンプルな手法で費用も節約できますが、お別れの時間をきちんととれないことに対して、周囲から不満の声が上がる可能性もあります。

信頼できる葬儀社を見つけて葬儀の準備を順序よく進めていこう

葬儀場

葬儀社のサービス内容

葬儀社のサービス内容は、「葬儀」に関わるあらゆることをサポートするというものになります。葬儀やお通夜の準備やサポートはもちろんのこと、近年では「終活」のサポートを行う企業も増えてきています。葬儀は、人生の終わりの節目となる重要な行事ですが、実際に行おうとすると、わからないことも多いもの。こんなときに、徹底的にサポートしてくれるのが、良い葬儀社の特徴となります。

大阪で評判の高い葬儀会社を厳選特集☆

広告募集中