>アーカイブ>家族葬が選ばれている理由【葬儀スタイルに着目しよう】

家族葬が選ばれている理由【葬儀スタイルに着目しよう】

数珠

家族葬の特徴

家族葬は、ごく内輪のみで故人を送り出すスタイルの葬儀を指します。「家族葬」とは言うものの、参列できるのは「家族だけ」というわけではありません。血縁関係にこだわらず、故人との縁が深かった人を中心に、大体10人から30人程度で行われます。参列人数が限られる分、リラックスした雰囲気で、最後の時間を大切に過ごすことができます。

合掌

家族葬が人気の理由

家族葬の人気が高まっているのは、昨今の家族環境や少子高齢化の影響などが関わっていると言われています。近隣住民との付き合いが希薄になってきている今、「大規模な葬儀は必要ない」「大きな葬儀を取り仕切ろうと思っても、人手が足りない」なんてことにもなりかねません。現代の核家族にとっては、家族葬ぐらいの規模がちょうど良いのでしょう。

女性

家族葬の費用目安

家族葬を行う際に気になるのが「費用の目安」についてです。一般的な葬儀よりも参列者数が限られる分、費用も少なく済みます。家族葬の費用の目安は110万円から120万円程度です。より費用を抑えたいときには、通夜ぶるまいなど、飲食費用を削る方法が有効です。

家族葬を行う際に注意したいポイント

線香

負担金額は一般葬儀よりも大きい場合がある

家族葬では、葬儀費用は抑えられるものの、参列者が少ないためにお香典の金額も少なくなります。遺族が負担する金額としては、実は「家族葬の方が大きくなる」という可能性もあります。

お知らせする範囲の見極めは慎重に判断

家族葬では、「どこからどこまでに葬儀のお知らせをするのか」という問題があります。「行きたかったのに呼ばれなかった」という思いの人がいると、後々のトラブルに発展してしまう可能性もあります。

故人の「これまで」を尊重すること

葬儀は、故人の「これまで」を知る最後の機会でもあります。葬儀に集まってくれた方から、意外な話を聞く機会もあるかもしれません。家族葬をするということは、こうした機会を逃すことにもつながってしまいます。

広告募集中