>お役立ち情報>現代の葬儀スタイルとは?家族葬などどんな選択肢があるか知っていく

現代の葬儀スタイルとは?家族葬などどんな選択肢があるか知っていく

葬儀場

葬儀のスタイルについて

近年、お葬式についての考え方は以前とは変わってきています。一般葬と呼ばれる昔ながらの葬儀スタイルに加えて、通夜を省略した一日葬や身内だけで行う家族葬など、様々な選択肢が増えてきていますね。自身の葬儀について希望がある場合は、終活や生前整理の中で明確にしておくことも大切になります。従来型の一般葬は、親戚はもちろん、故人と関係があった方々をお呼びして通夜と告別式を執り行う形式です。規模が大きくなるので、当然、金額的な負担も大きくなりますね。家族葬も一般葬と同様に通夜と告別式を行いますが、家族や親せき等ごく身近な人だけをお呼びする点が大きく異なります。人数が少ない分、様々な準備にかかる手間を減らすことができ、時間的なゆとりも生まれますね。

お坊さん

家族葬を選択する方が多くなっている理由

最近、家族葬を選ぶケースが増えてきていますが、その1番の理由とは、親しい人だけでゆっくりと故人を見送りたいと希望する人が増えてきたからだと考えられます。以前は葬儀にお金をかけ、なるべく多くの人に参列してもらうことが良いとされてきましたが、今は、最期にゆっくりと故人を偲んで過ごすことに重きをおく人が増えていると思われます。また、参列者が少ないため費用負担が軽くなることも選択する理由の1つでしょう。プラン内容にもよりますが、一般葬が平均200万円程かかるのに対し、家族葬は約30〜50万円程度の費用で済みます。しかし、費用は葬儀社により異なる部分も多く、注意が必要です。後悔のないよう、まずは見積もりをとって比較することが大切ですね。

広告募集中